About Fasic ファシックについて

History 沿革

元号(西暦)

ファシックの歩み

昭和

49年(1974) 4月 創業/一宮市せんい1丁目3番14
9月 法人組織株式会社ファシック設立、資本金300万円
51年(1976) 2月 通商産業省・繊維製品品質表示者承認を受ける AT2180
52年(1977) 12月 株式会社ファシックの資本金を500万円に増資
54年(1979) 9月 嘉穂ソーイング株式会社設立、資本金500万円、イタリアラインのプレタ専門工場、年産3万着
57年(1982) 1月 国産羊毛事務局・ウールマークライセンス認可2007JA77W
12月 株式会社ファシックの本社を移転、一宮市平和町1町目4-7へ
62年(1987) 9月 株式会社ファシック本社新社屋建設、一宮市昭和2丁目9番4号
9月 イタリア、韓国、日本、三国間貿易開始
63年(1988) 1月 株式会社ファシック資本金1,000万円に増資

平成

元年(1989) 8月 株式会社ファシック、資本金を2,000万円に増資
8月 株式会社ファシック商品センター新設、尾西市明地字下柳之内72番地
年間配送能力12万着
2年(1990) 4月 株式会社アルタモーダ設立、紳士服縫製工場として稼動、年産6万着
6月 嘉穂ソーイング株式会社分工場設立(パーツ工場)、福岡県嘉穂郡穂波町大字椿字北町117
8月 韓国ソウルで株式会社ヌーボ設立、紳士服生産10万着、 平成 3年3月稼動
8月 イタリア・サンセベロ社の紳士服を日本で独占販売権取得、ライセンス生産開始
3年(1991) 3月 韓国・合弁工場、ヌーボ稼動開始
4年(1992) 3月 三秦西服有限公司を中国河北省秦皇島市に設立
紳士服生産15万着
3月 イタリア・テキスタイルデザイナー・ガブリエル・ブルネリー(GABRIELE BRUNELLI )と契約
5年(1993) 6月 中国・河北省・秦皇島市、三秦西服有限公司稼動開始
9月 株式会社ファシック、創立20周年を迎える
6年(1994) 2月 株式会社アルタモーダ資本金4,000万円に増資
形状記憶装置設備一式導入
形状記憶スーツIWSの認可第一号工場として指定を受け春夏物より製造開始
9年(1997) 3月 株式会社ファシックに「レクトラCADシステム」導入
10年(1998) 11月 21世紀型紳士服として、超軽量スーツ<無重力>特許申請
11年(1999) 12月 ウォッシャブルスーツ(IWSイージーケアスーツ)の認定を受け、発売開始
13年(2001) 7月 株式会社ファシック、資本金を2,500万円に増資
15年(2003) 1月 株式会社ファシック本社を、尾西市明地字下柳之内72番地へ移転
9月 株式会社ファシック、創立30周年を迎える
16年(2004) 7月 一心西服有限公司を中国河北省秦皇島市に設立 紳士服生産15~20万着
17年(2005) 6月 株式会社ファシック本社を、現在地一宮市三条字郷西63番地1へ移転
19年(2007) 5月 株式会社ファシックのホームページを開設(http://www.fasic.co.jp)
23年(2011) 3月 PT.FASIC INDONESIAを、インドネシア ジャワ島チアンジュールに設立
紳士服生産45万着
23年(2011) 11月 インドネシア PT.FASIC INDONESIA稼動開始

このページのトップへ

株式会社ファシックは、我国の一大毛織物産地尾州を背景にアパレルビジネスを展開しています。

リテーラーのプライベートブランド(P.B)を専門に開発し、P.Bを育成してゆくノウハウを、常にリテーラーサイドに立って考え、リテーラーと共存共栄することを企業理念としています。